歴史

  • 1979、Liu Siong Song氏により、LK設立
  • 1979、LKマシンのブランド名が確立
  • 1980、初LKホットチャンバーDCマシンが出荷
  • 1989、初LKプラスチック射出成形機が出荷
  • 1991、LKが中国に初の生産拠点を建設
  • 1993、LKが地域の教育を支援するため、香港工科大学にDCマシンを寄付
  • 1994、中国、深圳のLKプラスチック射出成形機の製造拠点でのオープニングセレモニー
  • 1994、LKが”機械及び装置デザイン賞”受賞
  • 2001、中国のLKグループの本社として、LK深圳が設立される。2002年、中国西部の販売サービスを促進するために寧波LKが設立される
  • 2006、香港証券取引所に2006、10月16日、上場 ( ストックコード 558)
  • 2008、LKが”香港トップブランド”受賞
  • 2008、LKは世界有数のDCマシン企業の一つであるイドラを買い取る
  • 2012、台湾にてLK CNCマシンの製造拠点が操業開始
  • 2013、LK 3色複合射出成形機が ”2013 香港 産業用機械及び機械工具デザイン賞”を獲得
  • 2016、寧波と深圳で新LK製造拠点が開業
  • 2017、Liu Zhuo Ming 氏がLKのCEOに任命される。